img_02

合宿免許で免許を取りに行こう

免許をとろうと思っている人の中には、通いで取るか合宿免許にするか悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。


通い免許は自分でスケジュールを調節して免許取得のためのカリキュラムをこなしていく必要があり、目当ての教習が予約できないと空くまで待たなければならない場合もありますが、自分の予定に合わせて教習所に通うことができます。

一方合宿免許は宿泊施設に一定期間滞在しながら教習を集中して受けるものです。



短期間で卒業できることが最大のメリットで、普通車ATで約13日間、普通車MAで約16日間で卒業することができます。

すべての教習の予定が予め組まれているため、教習の予約を待つ必要がありません。もう1つのメリットとして、価格が安いということがあります。

合宿免許では教習費用に加えて宿泊費・食費・交通費がセットになっており、ちょっとした旅行気分を味わいつつ免許を取得することができます。


また、通いで取る場合はやり直しになったり補習になってしまった場合はその都度追加料金がかかってしまいますが、合宿の場合保証されていることがほとんどなので、最初に払ったお金のみで卒業することが可能です。


仕事や学校が忙しく2週間もまとまった休みが取れないという人には向いてないと思われてしまいますが、最近は何回かに分けた合宿免許を実施している教習所もあります。



また、女性一人でも安心して宿泊できる施設も多くあります。



ぜひ合宿免許を検討してみてください。