img_02

合宿免許の必須持ち物について

自動車など免許の取得する方法として、通学もありますが合宿免許という選択肢もあります。短期間で免許の取得が可能というだけではなく、通学よりもリーズナブルなど全体的にメリットが多いことから、近年では合宿免許を選ぶ人も増えており、合宿先も全国各地に存在しています。

プラン内容や合宿先によって異なる点も多々ありますが、どの合宿免許に参加する際にも、必須の持ち物は同じです。

まず本籍地記載の住民票が必須となります。入校日に間に合わなかった場合には入校できないのはもちろんのこと、本籍地記載にもかかわず、本籍地が記載されていない住民票を取得してしまった場合に、それを持っていっても入校することはできないので気をつけましょう。

それ以外にも本人照明の書類が必要となります。



健康保険証やパスポートの原本が必須となります、証明書と住民票の住所が同じでないと使用できず、合宿期間中に有効期限が切れる場合は、入校までに必ず更新をしておくようにしましょう。



そのほかにも印鑑や、入校手続きの書類がある場合には準備しておくようにしましょう。



必要となる持ち物は、合宿先によって異なるケースもあるのでどこでも同じと考えるのではなく、しっかりと確認しておくようにしましょう。

筆記用具や着替えなども必要ですが、忘れても現地で調達できるものならばそれほど問題にはなりません。


必要となる書類で、早い段階から準備しておく必要があるものは、早い段階から手配しておくことが必須です。